Femtechってご存じですか?

~ フェムテックの意味、注目を集める理由など ご紹介します ~

Femtech(フェムテック)とは

女性のライフステージにおける「生理・月経」「妊活・妊よう性」「妊娠期・産後」「プレ更年期・更年期」などの様々な課題を解決できる製品やサービスをFemtech と呼び、2025年までに5兆円規模の市場になると言われています。

このようなお悩みの解決が期待できます

FEMTECH(フェムテック)に関する製品・サービス

フェムテックが今、注目を集めている理由

☑ 女性のライフステージにおける様々な課題・お悩みの解決が必須の時代に!

働き方改革の一つの柱となる、「女性活躍推進」。ここ数年で女性の働き方が大きく見直されてきた一方、女性特有の体調に触れることはタブー視されてきました。しかし、生理痛やPMSなどによる労働力の低下による経済損失は年間で6,828億円といわれ、女性の健康が社会に大きく影響しているのも事実。女性の社会進出がすすむ中、社会の意識が変わろうとしているのです。

☑ 丸紅やメトロ、小田急など、福利厚生として導入する企業が急増!

「働く女性」と言えども年齢やライフステージに応じて直面する健康問題はそれぞれ異なり、企業がサポートする動きが加速しています。
産業医と連携し企業や業界ごとの事情を踏まえた妊活の進め方や、病院選びの相談ができるサービス、卵子凍結サービスを優待価格で提供、社内で女性の体にまつわる知識講座を行うなどその方法は様々。

☑ 神奈川県横須賀市など、自治体が地域住民にフェムテックサービスを展開!

働く女性や妊娠期・子育て期の女性を、自治体がサポートする動きも加速しています。フェムテック事業者と連携して女性のライフステージにおける様々な課題の理解を深めるセミナーを開催したり、妊活に取り組む市民の相談窓口を設置したり、企業だけでなく自治体・行政も積極的にフェムテックの推進に取り組んでいます。

☑ ユニクロなど大手企業の参入やスタートアップ企業の増加により、市場が急成長中!

吸水性のある布を何層にも重ねることでショーツ自体が経血を吸収する「吸水性生理ショーツ」や、自宅でわずか0.1ml以下の血液を採って郵送するだけで簡単に卵子の数が何歳相当であるか検査することができるキット、LINEを活用した妊活コンシェルジュサービスなど、女性の健康課題をサポートする製品・サービスの需要が拡大・急増しています。

Femtech Tokyoはフェムテックの推進に貢献します

 

女性のライフステージにおいて「生理・月経」「妊活・妊よう性」「妊娠期・産後」「プレ更年期・更年期」など様々な課題があります。社会的にも生理や更年期などの女性特有の悩みについて、先進的な技術を用いた製品・サービスにより対応するフェムテックの推進が必要とされています。
それらをサポートする製品・サービスが一堂に集まり、企業の経営層をはじめ、メーカー・流通・自治体・医療機関などとのビジネスマッチング、また世の中の女性の悩みへの理解、サポートを促進するための展示会として、フェムテック・フェムケア関連製品を広く世に広め、女性の健康と活躍を社会全体がサポートする世界の実現に貢献します。

展示会概要

Femtech Tokyoにご興味がある方はこちら

Femtech Tokyo公式SNSでも最新情報を発信中!ぜひフォローお願いします!